こんにちは。

【仕組み作り】と【人づくり】で業務を効率化する
ハートストリングスの田中孝憲です。
《コンサルタント、コーチング、キャリアコンサルタント、元機械系エンジニア》



 

私が経験したところで

全員「さん」付けで呼んでいる

企業さんがありました。

 

「課長」などの役職でなく

「田中」のような呼び捨てでもなく

「●ちゃん」のようなニックネームでもなく

「田中さん、佐藤さん」のように
全員「さん」付けの呼び名、呼称です。

 

上司に対しても
部下に対しても
「さん」付けです。

そのことは関心しました。

 

 

日本語は
敬称しだいで【立場】が変わります。

 

立場が替わると
【心の姿勢】が変わります。

 

心の姿勢が変われば
【言葉遣い】が変わり
相手に与える影響も変わります。

 

だから
全員「さん」付けで呼ぶことにより
お互い公平な立場を目指したのです。

 

お互い公平だから
上下関係の隔たりが少なくなり
仕事を偏見なく公平に見ることができます。

仕事を公平に見れれば
ミスを逃さず、生産性が向上します。

 

ニックネームは気軽で親密そうにみえますが
気軽すぎて馴れ馴れしくなることと

ニックネームで呼ばれない人にとっては
さびしいものです。

 

 

▼大事なポイントはもう一つ。

「さん」付けで呼ぶということを
【決めた】ことです。

 

いくら「効果ありそう」と言ったままでも
【決め】ないと実行されません。

 

【決める】勇気を組織で持つ
ことが大切ポイントですね。

 

 

かなり有名なメーカーさんで
グループ企業も「さん」付けを使用していました。
(自動車関係ではない)

 

御社らしく
人の呼び方を工夫してみると
業務が円滑に回りますよ♪