こんにちは。

【仕組み作り】と【人づくり】で業務を効率化する
ハートストリングスの田中孝憲です。
《コンサルタント、コーチング、キャリアコンサルタント、元機械系エンジニア》



 

【目安箱】といえば

江戸時代、8代将軍徳川吉宗が享保の改革の一つとして
庶民の不満、意見などを投書させた箱です。

 

今でもお客様の意見を聞くためや
公共機関などにも
設置されています。

今でしたらネット上でも受付できますね。

 

実際、本当に意見が集まっているかどうかは
わかりません。

ですが、利用者の意見、感想を聞いてみないと
物事は良くなりません。

 

 

企業も同じ
従業員の日頃の意見、感想を聞くことで
職場環境の改善ができます。

業務の改善・効率化もできます。

 

 

社内目安箱の設置は私がお手伝いしますが
企業さんによりやり方は
それぞれ違います。

 

  • 完全匿名にするのか?
  • 個人レベルの仕事を良くする場合は名前も必要なのか
  • 誰がまとめるのか
  • どこまで公開範囲にするのか

など決めなければいけません。

 

不公平のないよう
後々トラブルにならないよう
人の心理も予測しながら決めていきます。

 

 

回収した意見も
どう活用するのかも大切です。

単なる従業員のワガママととらえるのか
貴重な意見ととらえるかで
改善のスピードが違います。

 

意見した従業員からすると
無視されたら
発言した甲斐がないですからね。

 

 

目安箱がホコリをかぶったオブジェにならないよう
ちゃんと運用をしないといけません。

 

自社ではやりきれないという方には

維持管理できるまで

弊社がお手伝いいたします。

お気軽にこちらまでご相談ください。