こんにちは。

現場改善コンサルタント
ハートストリングスの田中孝憲です。




 

選挙のとき投票所で渡される
投票用紙。

有権者の皆さまなら
手に取ったことがあるでしょう。

 

投票用紙は
折って投票箱に入れることが多いですが

開票のとき
いちいち紙を開かなくてはいけませんね。

 

紙を開く作業が必要になります。

 

そこで開発されたのが

【折り畳んでも自然に開く】

という開く投票用紙

 

開票作業の時間が短くなれば
人が少なくて済みます。

用紙代と人件費を比べても
人件費を抑えることができます。

 

 

折って投票箱の中に入れても、自然に開く投票用紙。
開票する際に用紙を開く作業が不要になるため
開票時間の大幅な短縮を実現します。

選挙用品の株式会社ムサシHPより引用

 

私的には

【自然に開く紙】

という発想がスゴいと思います。

 

紙は折ったら戻らないという固定観念にとらわれていると
新しい発想が出ません。

 

【紙を開く作業を改善したい】といった場合
考えられる方法として

 

●有権者が紙を折らないような工夫をする
→書いた文字を見られるが嫌なためどうしても折りたい人がいる

●折って入れても箱の中で開く紙の通路にする

など方法がある中

●折った紙でも自然に開く

というアイデアも選択肢に入れたこと。

 

開発の詳しい経緯はわかりませんが
もしかしたら

「折っても自然に戻る既存の何か」に
気づいたのかもしれません。

 

そんな
不可能だと思われていることでも
可能にする思いは大切にしたいですね。

 

さらに使用済み投票用紙は
他の製品にリサイクルされるようです。

 

しかし

そもそも投票システムを
電子投票にすれば改善できますが
投票機がまだ高額のため普及しないようです。





【自社でできる業務効率化の方法】をプレゼント!

社員の性格・能力に左右されないが
社員が自然と成長する!
PDFファイル【自社でできる業務効率化の方法】をプレゼントしています!


業務効率化、生産性向上・職場環境改善のための
今すぐできる業務効率化の方法と基本的な考え方を
お話をしています。


ダウンロードしていただいた方には
業務効率化のための無料メールマガジンを
配信させていただいております。
配信解除は簡単にできますのでご安心ください。

下のフォームからお申し込み下さい。
自動返信メールにてダウンロードURLをお知らせします。



都道府県