こんにちは。

【仕組み作り】と【人づくり】で業務を効率化する
ハートストリングスの田中孝憲です。
《コンサルタント、コーチング、キャリアコンサルタント、元機械系エンジニア》



 

前回
大相撲協会大塚家具の例を挙げながら

企業の【伝統】vs【改革】の話を

さらに厄介なのが【古い体質】であることを

お話しました。

http://sigoto-yokunaru.com/dentou_vs_kaiaku/

 

今回は
企業の【古い体質】を変えるポイントについて
お話します。

 

結論は単純

企業の【古い体質】
次のように単純なことです。

 

厳しい言い方になりますが

  • 幼稚
  • だらしない
  • 未熟
  • 大人げない
  • 感情まかせ
  • 不摂生
  • 不潔、不衛生
  • 整理整頓されていない

などなど

 

社内の雰囲気じたいが

幼稚であったり
だらしないので

  • 決め事が守られなかったり
  • 計画がいい加減になったり
  • なれ合いや同調が起こったり

最終的には
民主的ではないやり方が蔓延してしまいます。

 

では【幼稚さ】をどうすればいいの?

そこで経営者は
つい人(従業員)を変えたくなります。

 

従業員の性格、能力、習慣、人そのもの(配置転換)
を変えたくなるものです。

しかし

だらしない、幼稚のような

人の性格、能力を変えようとすると
時間がかかり難しくなります。

 

そこで変えやすいものが
【業務の仕組み】です。

 

  • 従業員の意見を通しやすくする仕組み
  • 会議がムダにならない仕組み
  • 意見が分かれたらどうするか決めておく仕組み

そのような建設的で生産的な仕組みを作れば
速やかに改善されます。

 

最終的には【人づくり】になる

仕事において

【あちらを立てればこちらが立たず】の矛盾した状態

当たり前のことです。

 

ルールや仕組みができていても
それでも柔軟に対応したいところです。

 

柔軟に対応するためにの基になるのが
会社の【理念、ビジョン】です。

 

理念、ビジョンが大きすぎるなら
商品、サービスのコンセプトです。

 

 

人がやっていることなので
人それぞれ価値観や考え方が違います。

  • なんでもないことでも
  • 腹が立ったり
  • 気にしたり

これら人の性格や能力に左右される部分を
どれだけ少なくするかが
業務の仕組みを改善するポイントとなります。

 

そのあと人、組織、チーム運営など
【人づくり】の問題に着手します。

このように企業体質を変えていくと
ベリーグッドになります♪

 

社内だけでは難しいケースがありますので
弊社がお手伝いできましたら
嬉しいです。





【自社でできる業務効率化の方法】をプレゼント!

社員の性格・能力に左右されないが
社員が自然と成長する!
PDFファイル【自社でできる業務効率化の方法】をプレゼントしています!


業務改善・効率化、生産性向上・職場環境改善のための
今すぐできる業務効率化の方法と基本的な考え方を
お話をしています。


ダウンロードしていただいた方には
業務改善・効率化のための無料メールマガジンを
配信させていただいております。
配信解除は簡単にできますのでご安心ください。

下のフォームからお申し込み下さい。
自動返信メールにてダウンロードURLをお知らせします。



都道府県