こんにちは。

現場改善コンサルタント
ハートストリングスの田中孝憲です。




 

手際・段取り
業務効率化の中で「人力」に頼る部分です。

 

機械やパソコンではなく
人にしかできないことはたくさんあります。

手際・段取りを考えることは
業務効率化でとても重要です。

 

仕事の手際・段取りを良くするためには
トータルで合理的に考える必要があります。

 

一作業だけ時間短縮したところで
実はその作業の段階で完成させる必要はなかった
となることもあります。

 

 

家事に例えると

洗濯機を回しながら
部屋の掃除をして
子供の面倒みながら
食事の支度をする

でもそれぞれ手は抜けない。

 

同時進行できるものはやる。
1個に集中しないといけないものもある。

順番を考えて効率よくやらないと
家事は時間がかかりますよね。

 

全体を見通して
トータルで合理的に考える
手際・段取りを意識しましょう。

 

 

▼また、人間の能力の限界も加味しないといけません。

 

手際・段取りを良くすることは
けっして作業者に無理や負担を強いるものではありません。

 

例えば
ひとつの作業が標準で5分かかるとします。
肉体的に頑張れば3分でもできます。

 

ですがその肉体的に頑張っている3分をずっと続けていると
早く疲労が蓄積します。

 

回復時間も長く必要です。

疲労があるとミスも増え
業務の品質が落ちる可能性が高いです。

 

必ずしも急げばいいというものではないことが
人力に頼る手際・段取りのポイントです。

 

人に負担がかからない
楽に早くできるペースで
手際・段取りを考えましょう。





【自社でできる業務効率化の方法】をプレゼント!

社員の性格・能力に左右されないが
社員が自然と成長する!
PDFファイル【自社でできる業務効率化の方法】をプレゼントしています!


業務効率化、生産性向上・職場環境改善のための
今すぐできる業務効率化の方法と基本的な考え方を
お話をしています。


ダウンロードしていただいた方には
業務効率化のための無料メールマガジンを
配信させていただいております。
配信解除は簡単にできますのでご安心ください。

下のフォームからお申し込み下さい。
自動返信メールにてダウンロードURLをお知らせします。



都道府県