こんにちは。

【仕組み作り】と【人づくり】で業務を効率化する
ハートストリングスの田中孝憲です。
《コンサルタント、コーチング、キャリアコンサルタント、元機械系エンジニア》



「仕事があるのに求人を出しても、本当に人が集まらない」

そんな状況ではないでしょうか?

 

人手不足が続く中
楽に的確に採用・求人するためには
「仕事の魅力」をアピールする必要があります。

今回はそんな話をします。

 

仕事の意味、価値観とは?

仕事の意味には
労働に対する対価として
生活のための賃金を受け取るだけでなく

労働者に合った価値観の仕事をすることで
心が満たされます。

 

心が満たされると継続できます。

結果的に
離職を防ぎ、定着率がアップします。

仕事の価値観とは
条件としての意味

例えば

賃金
始業終業時間
残業時間
休日数
自宅との距離、通勤手段
雇用形態
福利厚生
など

だけでなく
もっと本質的な価値観があります。

 

例えば

適度に体を動かすほうが好き
パソコン作業より物をいじっているほうが好き
人とやり取りしているほうが好き
結果がすぐ出る仕事
達成感が味わえる仕事
など

実はこれ
私の仕事の価値観なのです。

 

人それぞれ違い
たくさん仕事の価値観があります。

仕事の意味、価値観を感じると
【魅力】としてパワーアップし
伝えることができます。

 

採用・求人で大切なこと

採用のために
求人広告を出しますが
単に条件を記載するだけでなく

【仕事の魅力】を伝える必要があります。

 

会社の仕事に魅力があるなら
仕事の魅力をアピールして
求人広告を出すと

魅力や価値観に共感した人が
喰いつき、応募します。

 

共感した人が仕事をするから
意欲的に仕事をします。

定着率がアップします。
(広告表現と現場の仕事に相違ないことが前提です)

 

条件の記載だけでは
詳しい仕事の内容がわからないので

自分の仕事の価値観と違うミスマッチが起こり
早期離職→なかなか定着しない職場となります。

負のスパイラルに陥ります。

 

 

時にはマイナス面も書く必要があります。

「体力必要ですが
人のためになるやりがいがあります」

「緊張感のある職場ですが
食事補助、勤務時間柔軟に働けます」
など

 

狭い広告枠でも
短く仕事の魅力をアピールできる
まとめ方、コピーライティングが
必要ですね。

 

離職率改善、定着率アップの秘訣

《離職率改善、定着率アップの秘訣》

全5回ステップ式に上達!

カウンセラーが教える
従業員と信頼関係が深まる

キクを高める5つの基礎を

メールにて無料配信中


経営者・管理職・リーダーが、従業員の思いを聴くためのコミュニケーションスキル
【キクフルネス】をお話しています
お気軽にご登録ください。
配信解除は簡単にできますのでご安心ください。




都道府県