こんにちは。

現場改善コンサルタント
ハートストリングスの田中孝憲です。




企業にとって従業員の

離職率が高く、定着しないということは

一般的にいうと

従業員満足度(ES)が低いということです。

 

さらに分析すると

  • 業務に見合った給料ではない(給料が安い)
  • 労働環境が悪い・・・暑い、寒い、臭い、キツイ、うるさいなど
  • 長時間労働
  • 教育が悪い
  • 人間関係が悪い、雰囲気が悪い

などが原因とされています。

 

なぜ離職率が高いと問題なのかというと

人の出入りが多いと

  • 新人に仕事を教える手間・時間がかかる
  • ベテランが全て仕事を回さなければならない
  • ベテランが休むと業務が進まない
  • 余裕がなくなり新たな仕事に着手できない
  • 新しい価値を創ることができない
  • 結果的に効率が悪くなります

 

 

単純に今の状態で
離職率を下げる方法なら
給料を高くして、仕事を楽にすれば
定着率は高くなります。

 

ですが
企業にとって利益が最大化していない状態ともいえます。

人間関係に問題があるかどうかわからないので
見せかけの離職率の低さともいえます。

 

 

そこで
離職率を下げ、定着するためには
2つ側面で改善する必要があります。

組織レベル個人レベルです。

 

組織レベル

業務の仕組み
問題解決の体制
教育
チームビルディング
給料
会社の理念、ビジョン
など

 

個人レベル

人間関係
業務の適性が合っていない
本人の思考の歪み
など

 

この2つの組織レベルと個人レベルで
整理して改善してみましょう。





【自社でできる業務効率化の方法】をプレゼント!

社員の性格・能力に左右されないが
社員が自然と成長する!
PDFファイル【自社でできる業務効率化の方法】をプレゼントしています!


業務効率化、生産性向上・職場環境改善のための
今すぐできる業務効率化の方法と基本的な考え方を
お話をしています。


ダウンロードしていただいた方には
業務効率化のための無料メールマガジンを
配信させていただいております。
配信解除は簡単にできますのでご安心ください。

下のフォームからお申し込み下さい。
自動返信メールにてダウンロードURLをお知らせします。



都道府県