こんにちは。

現場改善コンサルタント
ハートストリングスの田中孝憲です。




「働き方改革」が叫ばれていますが
企業は何をすればよいでしょか?

 

従業員の働きやすさを考えることはとても大切ですが
まず企業が「得」になることを実施しないと
利益追求、永続的な活動ができません。

 

会社は、従業員とその家族の生活を
もっと言うと人生や命を預かっているようなものです。

 

 

 

働き方改革といっても
従業員が自由気ままに仕事できる体制とは違います。

 

「従業員の働きやすさ視点」は持ちながらも
企業が「得」になることやると
自然と働き方改革になります。

 

そのためには

売上を上げる
利益を上げる
従業員満足度を上げる
離職率を下げる
業務効率を上げる
時代に柔軟に対応する
・・・

 

などたくさん挙げられてきます。

 

そして今の会社の状況に合わせて
整理して実施すればいいわけです。

冷静にみれば企業活動として当たり前のことです。

 

 

なぜ今さら「働き方改革」が言われるかというと
今まで会社、経営者、資産家、資本家主導で動いてきたので
労働者の立場が弱くなっていました。

労働者が無理して働いていました。

 

状況が変わらなければ
この会社と労働者の関係は変わりづらいですが
(特に日本は自律した労働観がないので)

 

  • 少子高齢化、人口減少による労働力確保が難しいこと
  • 外国人労働者に頼る必要がある
  • 日本経済が成熟しきって大きな経済発展が見込めない

 

のように変化して
今までの体制では維持・対応できなくなっているからです。

 

行く先は、経済が落ち込んで国力が弱くなります。

だから国をあげての「働き方改革」といわれています。

 

 

「長時間労働を是正して
人間らしい健康的な生活を目指す」
だけだと企業が変化する動機として弱くなります

 

 

そんな従業員のための「働き方改革」
企業の利益追求をしたい企業様は
業務効率化から始めることがおすすめです。





【自社でできる業務効率化の方法】をプレゼント!

社員の性格・能力に左右されないが
社員が自然と成長する!
PDFファイル【自社でできる業務効率化の方法】をプレゼントしています!


業務効率化、生産性向上・職場環境改善のための
今すぐできる業務効率化の方法と基本的な考え方を
お話をしています。


ダウンロードしていただいた方には
業務効率化のための無料メールマガジンを
配信させていただいております。
配信解除は簡単にできますのでご安心ください。

下のフォームからお申し込み下さい。
自動返信メールにてダウンロードURLをお知らせします。



都道府県