こんにちは。

現場改善コンサルタント
ハートストリングスの田中孝憲です。




 

そもそも

長時間残業しなければならない会社は

すべてが悪循環です。

 

私も残業100時間の経験はありますが
慢性的に40~100時間など長時間残業している会社は

  • 指示も悪いし
  • 教育も悪いし
  • 仕組みも悪いし
  • 受発注も悪いし
  • 業務設計も悪いし
  • コミュニケーション(意思伝達)も悪いし
  • 人間関係も悪いし
  • 人に対する姿勢も悪い

のです。

 

すべてが噛み合わない状態
仕事をしています。

 

今回は
感情を込めて書いています。

 

 

長時間残業しなければ仕事が回らない
仕組みがおかしいんですね。

 

残業100時間ならわかりやすいですが
月平均30時間以上やっているのであれば
どこかおかしいことの表れです。

 

 

製品にリコールが出た
取引先がミスを犯した
など

一時的にどうしても
長時間残業が必要な場合は

従業員の健康管理、メンタルヘルスに注意しながら
働いてもらう必要があります。

 

昔みたいに

根性論で乗り切るなんてできません。

 

なぜなら人それぞれ

  • 価値観
  • 性格
  • 能力
  • 生活環境
  • 心構え

が違うからです。

外国人労働者も増えていますよね。

 

多様な従業員を見分けながら
業務分担を見直します。

 

あたかも
野球やサッカーの監督のような目線で

選手=従業員の能力を
発揮させなければなりません。

 

選手の使い方だけでなく
乗り切る戦術も必要です。

 

 

長時間残業の会社は
すべてが悪循環
噛み合わない状態です。

 

長時間残業を減らすには

 

業務を整流化して効率化して
ほどほどの残業で済むような
業務の仕組みを作る必要があります。

 

詳しくは無料メール講座で
お話しております。





【自社でできる業務効率化の方法】をプレゼント!

社員の性格・能力に左右されないが
社員が自然と成長する!
PDFファイル【自社でできる業務効率化の方法】をプレゼントしています!


業務効率化、生産性向上・職場環境改善のための
今すぐできる業務効率化の方法と基本的な考え方を
お話をしています。


ダウンロードしていただいた方には
業務効率化のための無料メールマガジンを
配信させていただいております。
配信解除は簡単にできますのでご安心ください。

下のフォームからお申し込み下さい。
自動返信メールにてダウンロードURLをお知らせします。



都道府県