こんにちは。

現場改善コンサルタント
ハートストリングスの田中孝憲です。




 

ネットショッピングの普及により
ヤマトや佐川などの宅配業者の
労働状況が過酷
になっていることは
ニュースにもなりました。

 

特に不在による再配達の効率の悪さ

素人の私でも「大変だろうな」
というのがよくわかります。

 

 

ただ
私の業務効率化的にいうと

「なぜ過酷な仕組みのまま続けていたのだろう?」

という疑問があります。

 

突然増えたというより
ジワリジワリと荷物が増えたから
改善のタイミングを逸したかもしれません。

 

内情はわかりませんが
現場の問題点が
上層部に上がっていないこと
見えてきます。

 

流通量の変化は
上層部でも確認できることでしょう。

 

 

再配達の仕組みに問題があるなら
そこを改善すればいいだけです。

 

人手不足なら
そこを改善すればいいだけです。

改善の余地はたくさんあります。

 

▼ゆうパックは
はじめ配達したとき不在なら不在通知票を発行。

あとは

お客様に郵便局に取りに来てもらうか
時間指定の再宅配依頼

なのでヤマトほど効率は悪くないはず。

 

 

ヤマトのように
居るのか居ないのかわからないのに
再配達する効率の悪さは
誰がみてもわかるでしょう。

 

再配達の仕組みをどうにかできなかったのは
もったいないです。

 

システムが巨大過ぎて
手を付けにくいというのも
言い訳になってしまいます。

 

小さなテストを繰り返していけば
システムが巨大でも
効率化は進みます。

 

効率化の目的は

  • 売上、利益を上げる
  • 残業削減
  • 職場環境改善
  • 生産性向上

です。

 





【自社でできる業務効率化の方法】をプレゼント!

社員の性格・能力に左右されないが
社員が自然と成長する!
PDFファイル【自社でできる業務効率化の方法】をプレゼントしています!


業務効率化、生産性向上・職場環境改善のための
今すぐできる業務効率化の方法と基本的な考え方を
お話をしています。


ダウンロードしていただいた方には
業務効率化のための無料メールマガジンを
配信させていただいております。
配信解除は簡単にできますのでご安心ください。

下のフォームからお申し込み下さい。
自動返信メールにてダウンロードURLをお知らせします。



都道府県