こんにちは。

現場改善コンサルタント
ハートストリングスの田中孝憲です。




 

中小・零細企業であれば

社員社長のことを
社長が思っている以上によく見ています。

 

部下が上司のことを
上司が思っている以上によく見ていることと
同じです。

 

 

でも社員は
社長に対して
堂々と自分の意見は言えません。

当然といえば当然です。

 

不平、不満、疑問点を言って
社長や上司に嫌われたくありません。

 

建設的な意見を言っても
聞いてもらえる保証はありません。

 

勇気を持って言ったとして

軽くあしらわれたり
無視される

可能性があるからです。

 

 

社長としては

「無視なんかしません」

というはずですが

立場としてどうしても
経営者のほうが強いので
社員は言い出しにくいわけです。

 

 

これを防ぐには
社員の意見を大切に扱えばよいです。

 

それが実は難しいんですね。

社長のコミュニケーションのスキルになります。

 

相手の話を頭から否定せず
社長の思い込み、決めつけを捨て
話の内容をよく理解する。

できる、できないは別にして
社員の意見を受け止めることが大切です。

 

これはカウンセリングでいう傾聴という方法ですが
そう簡単に傾聴が身につくものではありません。

 

トレーニングが必要となります。

 

経営者向けの傾聴練習をおこなっております。

日本一わかりやすい傾聴練習・トレーニング

 

また経営者だけでは
社員の意見、気持ちは把握できないものです。

経営者と社員の間をつなぐ役割
弊社でおこなっております。

 





【自社でできる業務効率化の方法】をプレゼント!

社員の性格・能力に左右されないが
社員が自然と成長する!
PDFファイル【自社でできる業務効率化の方法】をプレゼントしています!


業務効率化、生産性向上・職場環境改善のための
今すぐできる業務効率化の方法と基本的な考え方を
お話をしています。


ダウンロードしていただいた方には
業務効率化のための無料メールマガジンを
配信させていただいております。
配信解除は簡単にできますのでご安心ください。

下のフォームからお申し込み下さい。
自動返信メールにてダウンロードURLをお知らせします。



都道府県