こんにちは。

【仕組み作り】と【人づくり】で業務を効率化する
ハートストリングスの田中孝憲です。
《コンサルタント、コーチング、キャリアコンサルタント、元機械系エンジニア》



御社の【理念、ビジョン】は浸透していますか?

昔、サラリーマンとして勤めていた頃は

理念、信条、行動指針が書いてあるカード型の紙を渡されて
名札フォルダに入れて、常に携帯していました。

 

でも見ないんですよね。

 

朝礼で唱和したりする会社も多いです。

 

でも形式過ぎて

頭に入っていない
行動にあらわれていない

場合が多いです。

そんな企業の【理念、ビジョン】
とっても大切なのです。

 

【理念、ビジョン】は企業の原動力、存在意義

【理念、ビジョン】は
会社の業務の【原動力】だから

【理念、ビジョン】が明確で浸透していないと
円滑にまわりません。

 

【理念、ビジョン】を
オープンにするかどうかは別にして

企業の存在意義・存在価値

【理念、ビジョン】

にあらわれています。

 

いろいろな施策、テクニックを使って
コンサルティングをしても

結局は企業の【理念、ビジョン】が無いと
業務がブレて、継続できません。

 

【理念、ビジョン】が無いということは
ないと思いますが

【社員に浸透しているか?】

が大切ポイントです。

 

【理念、ビジョン】は

会社が目的を達成させるものでもあり
社員、従業員が行動する基盤となるものです。

 

モチベーションが持続します。

 

【理念、ビジョン】の下に
【クレド、信条、行動指針】が
位置しています。

 

だから
【理念、ビジョン】が
社員に浸透していることが重要なんですね。

 

アルバイト・パートでも理解してもらう

アルバイト・パートでも、派遣社員でも
会社の業務に従事する以上
【理念、ビジョン】を理解してもらうことです。

 

スターバックスやマクドナルドの店員を
みていただければわかると思います。

 

大企業になると
外部社員、アウトソーシングが多くなります。

私が経験した自動車メーカーさんでは
部署によっては8割外部社員のところもあります。

だから大企業ほど
【理念、ビジョン】を浸透させることが難しいです。

 

強制しない浸透のさせ方

【理念、ビジョン】は
強制しない浸透のさせ方が重要です。

 

カードを渡しただけでは読みません。

朝礼の唱和のように強制では浸透しません。

理念だけ作って、行動にあらわれていない企業はたくさんあります。

 

自然に浸透させるにはどうすればよいか?を考えましょう。

 

【理念、ビジョン】を使ったワークや
ストーリーを作ることも
面白いですね。

 

御社らしいやり方で【理念、ビジョン】を
浸透させてください。

お手伝いなら弊社で承ります。





【自社でできる業務効率化の方法】をプレゼント!

社員の性格・能力に左右されないが
社員が自然と成長する!
PDFファイル【自社でできる業務効率化の方法】をプレゼントしています!


業務改善・効率化、生産性向上・職場環境改善のための
今すぐできる業務効率化の方法と基本的な考え方を
お話をしています。


ダウンロードしていただいた方には
業務改善・効率化のための無料メールマガジンを
配信させていただいております。
配信解除は簡単にできますのでご安心ください。

下のフォームからお申し込み下さい。
自動返信メールにてダウンロードURLをお知らせします。



都道府県