こんにちは。

現場改善コンサルタント
ハートストリングスの田中孝憲です。




 

業務効率を悪くさせている状態のひとつ

 

人によって言っていることが違う

または

人によって基準が違う

 

そんな曖昧なことありませんか?

 

従業員誰もが自覚している状態の場合もあるし
気づいていない潜在的な部分でも多くみられます。

 

 

「どれが正しいの?」
聞いたり、調べたりしているうちに
膨大な時間がかかります。

 

決めたとしてもそれが間違っていたら
さらに修正する時間がかかります。

 

 

そんなムダな状態を止めるには

基準やルール、方法を決め
従業員に周知徹底してもらうことが必要です。

 

 

さらに基準は変わってくることもあります。

 

それまで適切なものだったとしても
状況が変わり不適切になってくるものです。

 

するとまた「人によって基準が違う」バラバラな状況になってしまいます。

 

それまでの基準、ルール、方法が不都合になってきたら
その都度ミーティングの議題に挙げ
基準を決める必要があります。

 

 

「でも実行しきれない」
現実はそのような会社が多いでしょう。

 

「誰かがやってくれるだろう」
そんな思いもあるかもしれませんね。

 

そんなときは弊社の業務改善・効率化サービスをご利用ください。





【自社でできる業務効率化の方法】をプレゼント!

社員の性格・能力に左右されないが
社員が自然と成長する!
PDFファイル【自社でできる業務効率化の方法】をプレゼントしています!


業務効率化、生産性向上・職場環境改善のための
今すぐできる業務効率化の方法と基本的な考え方を
お話をしています。


ダウンロードしていただいた方には
業務効率化のための無料メールマガジンを
配信させていただいております。
配信解除は簡単にできますのでご安心ください。

下のフォームからお申し込み下さい。
自動返信メールにてダウンロードURLをお知らせします。



都道府県