こんにちは。

【仕組み作り】と【人づくり】で業務を効率化する
ハートストリングスの田中孝憲です。
《コンサルタント、コーチング、キャリアコンサルタント、元機械系エンジニア》



 

「竜馬がゆく」 (司馬遼太郎著)より

竜馬は議論しない。

議論などは、よほど重大なときでないかぎり、してはならぬといいきかせている。

もし議論に勝ったとせよ、相手の名誉をうばうだけのことである。

通常、人間は議論に負けても自分の所論や生き方は変えぬ生きものだし、

負けたあと持つのは負けた恨みだけである。

 

会議では
まさにその通りですね。

 

人には【自尊心】があります。

負けた方は自尊心が傷つきます。

 

議論に勝った負けたでは
お互い後に尾を引いて対立するだけ。

 

 

そうならないためには
何のために会議するのかを共有する必要があります。

 

会社が良くなるため
ビジョンを実現するため

顧客、お客様のためになる

従業員のためになる

社会のためになる

と、つながるワクワクした目的に立ち返ることができます。

 

相手を打ち負かすことではないという
雰囲気が作れます。

 

 

多数決も同じこと。

 

多数票を取った意見を採用することは
少数派の意見が無視される可能性があります。

 

不本意だけど多数派に従わなければならない
という風潮です。

 

多数決の方法は
多数派の意見が正しいというわけではありません。

 

ただ単に
その意見が多数いるということが
わかっただけです。

 

多数決を採用するときには

  • 折衷案はないのか?
  • 後に少数派の意見を採用することはできないか?

など考慮し

対立したり、相手の自尊心を奪うようなことのないように
したいものです。

 

それが思わぬ良いアイデアにつながることもあります。

お互い気持ち良く仕事するためには
気配りが大切ですね。

 





【自社でできる業務効率化の方法】をプレゼント!

社員の性格・能力に左右されないが
社員が自然と成長する!
PDFファイル【自社でできる業務効率化の方法】をプレゼントしています!


業務改善・効率化、生産性向上・職場環境改善のための
今すぐできる業務効率化の方法と基本的な考え方を
お話をしています。


ダウンロードしていただいた方には
業務改善・効率化のための無料メールマガジンを
配信させていただいております。
配信解除は簡単にできますのでご安心ください。

下のフォームからお申し込み下さい。
自動返信メールにてダウンロードURLをお知らせします。



都道府県