こんにちは。

【仕組み作り】と【人づくり】で業務を効率化する
ハートストリングスの田中孝憲です。
《コンサルタント、コーチング、キャリアコンサルタント、元機械系エンジニア》



深刻な【お客様の予約キャンセル】

飲食店やサービス系などお客様が来店する業種では
お客様が予約したにもかかわらず

  • 当日or直前ドタキャンしたり
  • 連絡なしで店に訪れない無断キャンセル

なんてことがあります。

 

店にとっては大打撃で
準備した食材や席、セッティングが無駄になります。

 

かといって空いた時間に
急に別のお客様が
来てくれることも難しいです。

機会損失してしまいます。

 

このままでは
泣き寝入りするしかなくなりますね。

 

そうならないために
仕組みを作る必要があります。

その方法は2つの視点×2で作る事ができます。

  • キャンセルされない仕組みを作る
  • キャンセルされても損しない仕組みを作る


お客様が

  • 1人か?
  • 複数人か?
お客様が1人 お客様が複数人
キャンセルされない仕組み 《1》《2》 《1》
キャンセルされても損しない仕組み 《1》《2》 《1》《2》

 

具体的な方法

《1》内金をいただいておく

内金やデポジットとして
代金の一部を前金で払ってもらいます。

 

「キャンセルする場合は返金しない」と
予約時にお知らせしておきます。

 

お客様は前金を損したくないので
軽々しくキャンセルすることはなくなります。

キャンセルされても内金の分は確保できます。

 

支払い方法は、ネット決済システムが利用できます。

 

《2》最新情報を知らせる

LINE@への登録やメール登録してもらい
最新情報を配信できる仕組みにします。

 

急に空きが出たら
登録しているお客様に知らせることができます。

通常より何割か安く案内すれば
多少無理して来店するお客様もいます。

 

◆お客様は、1人か? 複数人か?

予約するお客様が1人か? 複数人か?で
対策が変わってきます。

 

1人なら

「単に忘れてた」
「日にち、時間を間違えた」

などでキャンセルするケースが多いです。

 

《2》のシステムを使い
前日、当日朝に
確認メールor電話連絡を入れるという方法があります。

 

複数人なら

「別に良い店が見つかった」
「人数が集まらなかった」

などでキャンセルするケースが多いです。

 

《1》の内金を割高で払っていただくことが有効ですが
その際、説明は丁寧に理由を述べ

「最大限のサービスを提供するために必要」

ということを納得してもらいます。

 

高級店などでできることですが
「今後のご利用は控えていただく」
と説明しておくことができます。

 

 

店舗や業種により
さらに対策することが可能かもしれませんので
お気軽にご相談ください。





【自社でできる業務効率化の方法】をプレゼント!

社員の性格・能力に左右されないが
社員が自然と成長する!
PDFファイル【自社でできる業務効率化の方法】をプレゼントしています!


業務改善・効率化、生産性向上・職場環境改善のための
今すぐできる業務効率化の方法と基本的な考え方を
お話をしています。


ダウンロードしていただいた方には
業務改善・効率化のための無料メールマガジンを
配信させていただいております。
配信解除は簡単にできますのでご安心ください。

下のフォームからお申し込み下さい。
自動返信メールにてダウンロードURLをお知らせします。



都道府県