業務効率化コンサルタント
ハートストリングスの田中孝憲です。

「自動車メーカーなど機械設計エンジニアとして従事、各社で身についたノウハウを業務効率化に活用。カウンセリング、コーチングを活かした職場改善を行っています」
《カウンセリング、コーチング、国家資格キャリアコンサルタント、元リストラがん患者》


業務効率を向上させるためには

ワークフローや作業動作を見直すなど
業務の仕組みで改善する方法と

人のコミュニケーション改善による
効率化があります。

ミスコミュニケーションやコミュニケーショントラブルのように
見えづらいことほど地道に改善していく必要があります。

上司や先輩から部下に
指示を出すときのポイントがあります。

それは

「指示が悪いかも」を見越した業務指示が必要です。

指示の悪さ、教え方の下手さが
業務効率の悪化を促し、人間関係も悪化させてしまいます。

先輩社員や上司は
部下の細かい行動までは見れないものです。

見きれない範囲でのトラブルはたくさんあります。

実務作業者に指示を出すとき

【指示が悪い】ということはいくらでもあり
ミスや失敗、効率が悪くなります。

指示の仕方が悪い = 教え方が悪い

こととなります。


「上司が自分では簡単にできることだけど教え方が悪い」
かもしれませんし

「上司自身やったことないことを部下にやらせる」
ケースもあります。

教育のためにあえて考えさせながら、進めることもありますが
失敗したとき、上司自身の【指示が悪い】ことをさしおいて
部下に怒るケースは理不尽ですよね。

メンタル的にも良いことではありません。

ましてや事故が起きてからでは遅い。


安全衛生、危険予測の理由からして
【指示の悪さ】は改善しなければなりません。

【指示の悪さ】を解消するには

まず

  • 事故・怪我・ミスを予防する
  • 仕事のノウハウ・知恵を円滑に伝える
  • 効率的に業務を進める

という観点で何のために指示するかという意識を持ちましょう。

そのためには

「指示が悪いかも」
「相手は理解・行動できないかも」

という前提で指示しないと教え方が悪くなります。

「面倒だ」
「きっとわかるだろう」

ではなく

仕事の確実さを維持するために
「指示が悪いかも」を見越した業務指示を心がけましょう。



そして次に
間違いようがない仕組みを作ることです。

ある程度ルーチン化された業務であれば
効率化しながら間違いようがない仕組みを作ることができます。

その仕組みづくりを弊社ではお手伝いしております。




【自社でできる業務効率化の方法】をプレゼント!

社員の性格・能力に左右されないが
社員が自然と成長する!
PDFファイル【自社でできる業務効率化の方法】をプレゼントしています!


業務効率化、生産性向上・職場環境改善のための
今すぐできる業務効率化の方法と基本的な考え方を
お話をしています。


ダウンロードしていただいた方には
業務効率化のための無料メールマガジンを
配信させていただいております。
配信解除は簡単にできますのでご安心ください。

下のボタン先のフォームからお申し込み下さい。
自動返信メールにてダウンロードURLをお知らせします。