壊れかけのものを
いつまでも使っていませんか?

すでにそれは壊れていることと同じです。

壊れかけ=壊れている(故障)

です。

「まだ使える」ではなく
「もう使えない」のです。

例えば、キャスターが壊れている椅子を「まだ使える」といっていつまでも使っていると
椅子の移動中に他の機器を壊したり、バランスが悪く人の健康を害する可能性があります。


ある工場の機械が頻繁にストップして
生産に時間がかかっていました。

機械が止まる都度、手作業で直していました。

もちろんその機械は、本来自動で動くものです。

本来の性能を発揮していない状態です。

壊れる対象は機械だけでなく

電気製品、電子機器、パソコン
椅子、机、工具、文房具
カーペット、ドア、備品

など、あらゆるモノが対象になります。

壊れかけのまま使用していると
以下の重大な不都合が生じます。

事故が起こる危険性

壊れかけ=壊れている設備は
本来の安全性が保たれていない状態です。

速やかに修理または代替しないと
事故が起こる可能性が大きいです。

安全性に関わりますので、事故が起こってからでは遅いのです。

時間のムダ

  • 手直しで修理している時間
  • 間違ったアウトプットを直す時間(出戻り時間)
  • 生産現場なら廃棄品のムダ
  • 計画的な業務・生産ができない

など

ムダな時間を消費してしまいます。

感情的な部分

本来スムーズに作業できることを
壊れて止まるたびに手作業で直していると
感情的にも良くありません。

ストレス、イライラ、疲れ精神衛生上にも悪影響があります。

■壊れかけのものを日常的に使っていると悪い習慣が染み付いて
改善するための行動ができなくなります。

人力でなんとか対処しようとしてしまいます。

壊れて本来の機能が発揮していない状態にすぐ気づき

ちょっとの手間をかけて修理する、代替品にする、などすればよいだけで
事故と時間のムダを防ぐことができます。

経費がもったいないからといって放置せず、いざという時はお金をかける必要があります。




【自社でできる業務効率化の方法】をプレゼント!

社員が自然と成長する!
PDFファイル【自社でできる業務効率化の方法】をプレゼントしています!


業務効率化、生産性向上・職場環境改善のための
今すぐできる業務効率化の方法と基本的な考え方を
お話をしています。


ダウンロードしていただいた方には
業務効率化のための無料メールマガジンを
配信させていただいております。
配信解除は簡単にできますのでご安心ください。

下のボタン先のフォームからお申し込み下さい。
自動返信メールにてダウンロードURLをお知らせします。