【目安箱】といえば 江戸時代、8代将軍徳川吉宗が享保の改革の一つとして 庶民の不満、意見などを投書させた箱です。   今でもお客様の意見を聞くためや 公共機関などにも 設置されています。 今でした・・・